大田区胃がん内視鏡検診のお知らせ

2020年06月22日

令和2年度より当院でも、内視鏡による胃がん検診を受診することが出来るようになりました。
大田区胃がん検診には、①エックス線検査と②内視鏡検査によるものがあり、
当院では内視鏡検査(胃カメラ)による胃がん検診のみを行っております。

 

受診期間

令和2年7月1日から令和3年2月末日

 

予約について

予約開始は6月26日(金)からとなります。
ご予約は窓口のみで行っており、電話でのご予約はお断りしております。
ご予約の際には、①受診番号通知書 ②健康保険証 ③服薬中の方はお薬手帳をご持参下さい。

 

検診費用

自己負担金:1500円
ただし下記に該当する方は自己負担無料となります。
① 生活保護受給者、特定中国残留邦人等支援給付受給者② 75歳以上の方

また、生検を行った場合には、別途で自己負担金が発生します。

 

対象者

区内に住所を有する50歳以上の方で、胃疾患に関する症状のない方。
① 2年に1回、胃内視鏡検診を受診できる。
② 内視鏡検診を受診した方は、翌年は内視鏡検査もエックス線検査も胃がん検診を受診することは出来ません。
③ 胃エックス線検診を受診した方は、翌年どちらの方法でも胃がん検診を受けることが出来ます。
④ 内視鏡検診とエックス線検診を同年度に受診することは出来ません。
* 胃部分摘除後の方は、経過観察中以外は症状がなければ受診の対象となります。
* ピロリ菌除菌後の方は、除菌後の年数にかかわらず検診の対象となります。ただし、除菌治療中や治療直後で経過観察中の方は検診の対象外となります。

 

検診の対象外となる方

① 胃内視鏡検診に関する説明に同意されない方
② 妊娠中の方
③ 疾患の有無にかかわらず入院中の方
④ 胃疾患で受診中の方(ピロリ除菌中の方も含む)
⑤ 胃全摘術後の方
⑥ 職場などで同等内容の検診を受診する機会がある方
⑦ 前年度の大田区胃がん内視鏡検診を受診された方
⑧ 検診を実施することが困難と医師が判断した方

 

検査を行うことが出来ない方

① 口頭、鼻腔などに重篤な疾患があり、内視鏡の挿入が出来ない方
② 呼吸不全のある方
③ 急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患がある方
④ 明らかな出血傾向またはその疑いのある方
⑤ 収縮期血圧が極めて高い方
⑥ 全身状態が悪く、胃内視鏡検診に耐えられないと判断される方
⑦ 検診実施に危険が伴うと医師が判断した方

 

内視鏡について

当院では、鼻から挿入する経鼻内視鏡と口から挿入する経口内視鏡のどちらも可能です。
保険診療では鎮静剤を用いた内視鏡検査を行っておりますが、
大田区の胃がん検診においては鎮静剤の使用は原則認められておりませんのでご了承下さい。

 

 

*******武蔵新田駅前 広浜内科クリニック*******
大田区 胃がん検診 内視鏡
広浜内科クリニック
広浜浩司